お知らせ

新潟から高知へ

先週は、副院長が高知大学医学部皮膚科学講座の勉強会にお邪魔して
接触皮膚炎診療の基本についてお話しをさせていただきました。
教授、指導医、若手医師まで教室員が元気良く、活気あふれる教室の様子が伺えました。
新潟大学でパッチテストや掌蹠膿疱症を学んだ後輩が高知大に赴任して、若手医師にパッチテストの指導をしています。
全国的にはまだまだ皮膚科医に十分浸透していないパッチテスト。
ひとりでも多くの患者さんの治療に役立つことを願います。